こちらにヘッドテキストを入力

ヘッドテキストを入力

テキストを入力テキストを入力テキストを入力テキストを入力テキストを入力
ヘッドパーツのテキストを改行する時は、
レイアウト崩れを防ぐため「Shiftキー」を押しながら改行を行って下さい

 

30秒で自己紹介させてください!

 

 

ご覧いただきありがとうございます。

 

 

体の専門家いだちんと申します。

 

少しだけ

僕の話をさせてください。

 

 

理学療法士という国家資格を取得し10年病院に勤務していました。

 

 

1年ほど前から

フリーランスで活動しています。

 

 

病院で勤務している時、

僕と関わる人を元気にしたい!!

 

この一心で100万円以上を

勉強のために自己投資してきました。

 

 

そして医師や理学療法士等の限られた資格者しか取れない

国際認定の資格を取得。

 

 

そして体の専門家として、

倦怠感がひどく集中できない。

寝ても寝ても疲れが取れない。

 

 

このような慢性的な疲労に悩む人の原因をヒアリングから分析し、

問題にアプローチすることで疲れない体づくりを指導しています。

 

 

 

 

今回は

僕が9年以上学び指導している

疲れない体の作り方をご紹介するので最後まで読んでくさい!

 

 

 

現代人の疲れやすい体質は「食生活」に原因があった。

 

 

今までにこんな食事方法をしていませんか?

1540_32プチ断食

1540_32朝食はパン

1540_32糖質カット

1540_32カロリー制限

1540_32酵素ダイエット

1540_32ファスティング

1540_32足りない栄養はサプリで補充

 

実はこういう習慣が疲れやすい体質をつくるんです。

 

 

①プチ断食・ファスティング

 

 

断食やファスティングは本来消化器を休ませることが目的です。

つまり現在のあなたの食べ過ぎや食事時間の乱れで消化器が休む時間がないことが問題。

 

 

根本的な問題を正さずにプチ断食やファスティングを繰り返すことは体にとってストレスにしかなりえません。

 

 

 

②朝食はパンが多い

 

 

「パン」に限らず「ラーメン」「うどん」「ケーキ」などに使われる

小麦に含まれるグルテンが腸の粘膜に作用して異常を起こします。

 

 

腸の粘膜は食べ物の毒素から体を守っていたのに異常が起こることで体内に毒素が入り体に炎症が起こります。

 

 

腸が異常を起こすと消化吸収機能も低下するため食べた栄養素がしっかり吸収されなくなります。さらに体は炎症を抑えるためにエネルギーを使用します。つまり栄養不足な状態になり体内の栄養が削られていく状態となりますので体は元気を失っていきます。

 

腸の異常を起こすものはグルテンだけではないので食べるものを意識するのはとても重要です。

 

 

 

③炭水化物カット

 

 

ロカボダイエット(低糖質ダイエット)の言葉だけを聞いて糖質を抜けば健康になれると勘違いしているんです。

これらは本来は糖質が多くなっていることが問題と考え、糖質管理しましょうという考えの方法。なにも完全に抜きなさいとは言ってません。

 

 

ご飯を抜いて甘いもをを基準値以内に食べればOKとして考える人もいますが、そういう都合の良い解釈が食生活を乱し疲れやすい身体を作ります。

 

 

 

④カロリー制限

 

 

ダイエットの王道の考え方で、健康のために痩せようとする人は1度は意識する方法です。

 

 

しかしカロリー制限に何の意味もありません。ただ食事を制限したことでストレスを感じて暴飲暴食につながり余計に健康を害するだけです。

 

 

なぜ太るか分かっていないからカロリー制限という考えに頼るんです。太る原因は細胞が消費しきれなかった血液中の糖質を脂肪として保存することで体を守るため。つまりたんぱく質や脂質を制限しても痩せることにはなんら関係のないことです。こういった知識がなく食事を制限することがかえって栄養不足につながり体が正常に機能しなくなります。

 

 

 

⑤酵素ダイエット

 

デトックスやダイエット目的でされる方が多いです。

結局のところプチ断食同様に消化器にストレスにならないように独自の酵素やスムージーなどを使いながら食べないようにする手法。

 

さらに酵素はアミノ酸でできています。つまりたんぱく質を食べていれば同じ栄養素は補充できます。腸に必要な酵素も食事によってコントロールすることができます。

 

わざわざ高い酵素を買って栄養不足になる方法を選ばず、きちんと食事の量と時間を管理すればわざわざ取り組む必要のない手法です。

 

一部の人からはこの方法をすると力が出ないと感じたという感想があります。もちろん栄養不足になるので健康的かはさておき痩せます。これは必要な栄養素を食べないのだから当然のことです。

 

⑥栄養はサプリで補充

 

ほとんどのサプリメントの説明欄に継続使用を控える注意書きがあります。医療で使われる薬ですらそうです。強い効果が期待できるものは適量であれば薬ですが、逆に蓄積すれば有害なものに変わります。今の食事を継続してサプリで栄養をとっても体にストレスが蓄積していくだけなので即刻食事を見直すべきです。

 

 

疲労感で頭がすっきりしなくて

集中できず悩みました

 

 

 

実は僕も国際資格取得のため帰宅してからは専門分野の勉強や英語を勉強するため仕事から帰って毎晩勉強していました。

 

 

しかし、疲れのせいので机に向かってもボーっとしている時間がほとんど。2時間勉強時間を確保しても20分くらいしか実際には集中して取り組むことができなかったんです。

 

 

毎晩寝る前に全然勉強が進まなかったなと反省を繰り返す毎日。

 

 

そこで体力をつけようと自宅で筋トレをしたり、ランニングを開始。

 

 

でもそのうち運動がしんどくなり

効果も感じないままにやめてしまいました。

 

 

このときに、

そもそも運動ができるほど元気があるなら

勉強するだけの余裕があるはずだって気づいたんですよね。

 

 

仕事も勉強も頑張る方法はないか!!

 

 

なんとか解決策がないかと方法がないか調べたところ

疲労感を取り除き集中力を高める方法がわかったんです!!

 

 

 

井田式体質改善メソッドならあなたの体を回復させ!

頭にかかったモヤを晴らします

 

現代の食生活はあなたの体を疲れさせ脳にストレスを与えます。

 

ストレスが原因で脳は疲れてしまい本来あなたのもっているパフォーマンス能力を著しく低下させるんです。

 

 

今あなたは、

自分の持っている脳の力の20%も出せていません。

 

脳が疲れると眠気がきたり、集中力が低下します。実際に2時間の作業時間で本当に集中

 

これを100%働かせることで作業効率がグンと向上します。

 

 

 

 

 

1540_32マイナスの状態をリセット!

腸に炎症が起きた状態で体に良いものを摂取しても効果が期待できません。まずはしっかりと腸の状態を回復させるためのアプローチを行います!腸に負担になる物を除外するだけでなく、腸の回復に有効な食材もアドバイスします!

 

 

1540_32体に不足した栄養を段階的にアドバイス!

腸が炎症を起きている間は、体に栄養が取り込めたとしても炎症を修復するためにエネルギーが使用されるため体内では栄養不足の状態となっています。そのため腸を回復させても体内の様々な代謝機能が栄養不足が原因で低下しているため体の不調が改善しないのです。

しかし、腸に炎症があるときは悪玉菌が増加していため栄養化の高い物を食べるとかえって逆効果になります。増えた悪玉菌が栄養をエサにしてしまいさらに増殖して状態を悪化させるんです。

だからこそあなたの状態をみながら段階的に栄養補充をアドバイスするいだ式体質改善が有効なんです。

 

 

 

こんなこと思ってませんか?

 

1540_32本でノウハウを勉強して実践すればいいや

間違いなく失敗します。本でかかれたノウハウはあなただけに向けて書かれたものではありません。大勢の人が困っている症状に対して1つのアプローチを提示しているだけ。しかし症状の原因は様々です。一部の症状が似ているからといって取り組んでも根本的な問題点が間違っていては効果がでません。また○○健康法というノウハウ等も見かけますが、1つのことだけを取り組んで体質が変わるほど体は簡単な構造ではありません。しっかりあなた自身に合わせた取り組み方を行うことが必要です。

 

 

1540_32一回ずつ気になった時に相談したい

情報をお伝えするだけであれば簡単です。しかし本当に体質を改善していただきたいと思っている僕の立場から言わせていただくと、毎日あなたの習慣をチェックさせていただかないと体質改善は望めません。なぜならば1日の間でも認識の違いから摂取しない方が良いものを口にしていたり、栄養が偏り必要な栄養が不足した食事をしている方に過去何度もお会いしてきたからです。これが何日も続いて困ったから相談しては絶対に効果がでることはありません。

コストを考えて月に1回の面談でいいという方がいますが、1ヶ月も悪い習慣を続けていては体質改善までの時間がさらに必要になり面談回数が必要になります。短期間で徹底したサポートを受けた方が結果的に早い体質改善が期待できます。

 

 

あなたが本当に体の悩みを解決したいなら

井田式体質改善を除いて他にありません!!

 

 

 

 

実践プログラム!!

 

①体の考えが180°変わるテキスト集

 

普段何気なくおこなっている生活のなかに脳へストレスをかける行為がたくさんあります。

 

そういったストレスの原因を取りくための方法をいつでも読めるようにテキストにまとめました。

 

個別コンサルで改善方法としてお伝えしても、かなり驚かれる内容が詰まったテキストとなっています。

 

②徹底個別コンサルティング

 

 

本気で疲れない体を体感して欲しいと思い今回コンサルティング指導を同時に行うことにしました!

 

 

脳が疲れる原因は人それぞれ違います。しっかりと原因にアプローチをしなければ効果を体感できません。

 

だからこそ個別コンサルティング行います!

あなたの食生活から生活習慣、生活環境を全てヒアリングし脳が疲れる原因をいだちんが徹底的に分析し改善方法を指導します。

 

Zoomコンサル週1回×3ヶ月の計12回の徹底的にサポートします!

 

③LINE食事チェックサポート(3ヶ月)

 

食事はプラスの要素だけでなくマイナスの要素も多く含みます。

カラダに良い物を食べてもマイナス要素があると改善が望めません。

 

 

そこで今回LINEによるサポートで普段の食べるものを全て確認してあなたの食事で避けた方が良い物加えた方が良いものをチェックしてアドバイスを行います!

 

 

 

 

価格発表

 

 

食事添削は1ヶ月2,0000円

通常個別面談は90分2,0000円で行っています。

 

それの面談が12回!!

通常であれば30万円以上するコンテンツになります。

 

 

今回限り!!

モニター特別価格

49,800円

 

 

募集人数

 

 

希望者が全員参加できるわけではありません。

 

募集人数は「最大3名様」とさせていただきます。

 

参加されるかた全員に効果を実感していただくために
いだちんも全力でサポートしたします。

この低価格と少人数の募集は僕の決意の表れで。

「本気」で疲れない体を手に入れたい人の参加をお待ちしております。

 

 

募集期間

 

 

募集期間は2日間です。

10月○日締め切り。

当選者の皆様にのみ、後日お知らせします。

今回は「抽選」なので焦らずお申込みくしてください。

 

 

Q&A

 

1日中働ける体にはなれませんか?
なれません。睡眠に関する研究で8時間睡眠以下の場合、身体的なパフォーマンスが低下することがわかっています。

そのため最低限の睡眠時間は確保することを考えております。

 

どのような決済方法がありますか?
クレジットカード(一括)に対応しています。

 

事前に必要なものはありますか?
ビデオ通話で対面の会話ができる環境をご準備ください。

 

仕事終わりの時間で面談をお願いできますか?
お仕事終わりでも大丈夫です。

8時30分から21時の時間のスタート時間で日程を伺います。
祝日、土日関係なく面談を行います。

 

 

追伸

 

ここまで読んでいただいてありがとうございます!

 

このノウハウは今でも僕自身が働き続けるために取り入れているノウハウです。

 

当初このノウハウを公開するつもりは全くありませんでした。

 

しかしある日、ビジネスパートナーが

僕にこんな質問をしてきました。

 

いだちんさんどうしてそんなに働けるんですか?

 

 

僕も最初から疲れ知らずで働いていたわけではありません。

 

ちょうど10年前に両親の癌が発見されました。

それがきっかけで本業と資格勉強に加えて両親の介護もすることに。

 

本業も10時間から12時間は拘束され帰宅後に使える時間はわずか。

さらに本業と親の介護で疲れて満足に資格勉強は最初できませんでした。

 

しかし家族との時間は絶対に大切にしたい!
そこで極端ではありますが寝なくても働きつづけられる

そんな体をつくりたいと思って健康な体作りをしてきました。

 

だから、この質問をしてきたパートナーも

家庭の事情で疲労に悩んでいると聞いた時は
本気で力になりたいと思いました。

 

 

自分がやりたいことを思ったように頑張りたい人に

本気で向き合って手を差し伸べたい。

 

 

気持ちについていける体を手に入れて

理想を叶えて欲しいと思ったんです!

 

 

だから今回、僕が実際に実践している

疲れない体づくりを公開することに決めました!

 

 

僕を信じて飛び込んでくれる

1人でも多くの方の力になれれば幸いです。

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました!

 

いだちん